公益財団法人埼玉県国際交流協会

理事長からのメッセージ

 

今や、ヒト、モノ、カネ、そして情報が地球上をすさまじい勢いで飛び交っています。国境を越えた人々の交流は深まるばかりです。しかしその一方で、紛争は世界の各地で様々な姿に形を変えて繰り広げられ、私たちに悲しみをもたらし続けています。

 

わが国において国際化が叫ばれて久しいものがあります。埼玉県国際交流協会は1987年の設立以来、世界とつながり結びついた埼玉県を目指して様々な活動に 取り組んでまいりました。2013年4月には公益財団法人に移行。今まで以上に埼玉県の国際化の推進に寄与するよう努めているところです。

 

現在私どもは、世界各国の人々と深くかかわりあうとともに困難な状況に直面している方々に救いの手を差し伸べる「国際交流・協力」、県内にお住まいの外国人 とともに地域社会を支え、ともに歩んでいくことを目指す「多文化共生」、明日を担う国際的に活躍できる人材を育てる「グローバル人材の育成」の3つを柱に事業を展開しています。

 

2020年には東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。わが国、そして、埼玉県の国際化にとって極めて大きな契機となる年に向けて、私ども職員一同、今まで以上に力を合わせて、世界各国の人々との相互理解と友好親善が深まるよう努力してまいります。

 

                                       
             公益財団法人 埼玉県国際交流協会 理事長 
                
                            Shiigi Takao